読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみなさい。またあとで…

子育て、暮らしのあれこれ…

娘が咳を伴う風邪。ホクナリンテープって何?

f:id:a10o:20140610233717j:plain
娘に風邪をひかせてしまいました。前日の夜あたりからコンコン咳が出てるなー気をつけなきゃなぁと思っていたら、その夜ぜこぜこ息が苦しげに。ぜこーぜこーと喉がなって、たんが絡まってるのか泣き声も変。1〜2時間おきに泣いて起きてお茶飲んで。朝起きたら体が熱くて、測ったら37.3度。はい、発熱でした。(画像は昼、夫に送った近況報告画像)
さて。熱はまぁ子どもなので出るので気にしてなかったですが、ぜこぜこの息苦しさが喘息だったら嫌だなぁと気になったので、小児科へ。定期的にお世話になっております。私が通っている小児科はかなり説明が丁寧なのでいつも安心して通っています。ありがとうございます。
診察の結果、喘息ではなかったです。おお、よかった。でも、夜ぜこぜこが苦しいのは子も親も辛いので、こんな薬が出ました。ホクナリンテープ。5日分。
f:id:a10o:20140610233728j:plain
はじめまして!な、お薬。どこに貼ってもいいけれども、子どもの手が届きにくい背中がおすすめだという。…どこに貼ってもいい??なんじゃそりゃ。どういう仕組なんだろ?と調べてみました。
 

ツロブテロール:ホクナリンテープ

皮膚から有効成分を吸収させるテープ剤です。作用時間が長いので、明け方の発作をおさえるのに好都合です。子供を含めて、喘息や気管支炎の治療に広く使用されています。

【使用にあたり】
  • 予防的に1日1回定期に用います。明け方の発作をおさえるのに、寝る前に貼り替えすることが多いです。説明書をよく読み、指示どおりに使用してください。
  • 貼りつける部位は、胸や背中、上腕部など皮膚のやわらかい所です。小さな子供の場合、手のとどかない背中に貼るとよいでしょう。動きの激しい部分や、汗をかきやすい所、また、傷や湿疹がある部位は避けてください。汗をよく拭きとり、清潔にしてから貼り付けます。皮膚の刺激を避けるため、毎回貼る場所を変えましょう。
  • 喘息治療のかなめは、吸入ステロイド療法です。この貼り薬を使用しているからと、自分だけの判断で吸入ステロイド薬を止めてはいけません。
ようするに、皮膚から気管支を広げるお薬を染みこませて(?)呼吸を楽にするお薬で、子どもから使える便利なもの、というわけですね〜。なるほど〜!確かに昨晩は2時間おきにぜこぜこ言って起きていたのが、今日はすでに4時間続けて寝られている。効果あるんだなぁ、あんな小さなテープが…。
明日は天気もよければ菖蒲園へ出かけようと思っていましたが、まぁ、雨だし、娘も熱だし、家でのんびりしようかな、と思います。…家でのんびり。活発タイプの1歳10ヶ月には、それが一番難しいんですけど…。