読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみなさい。またあとで…

子育て、暮らしのあれこれ…

【2017】アプリで年賀状作ってみた

アプリ 年賀状 iPhone

少し前に、年賀状のためにプリンター本体をまるまる買い換えてる、なんてブログも話題になっていましたが、家庭用プリンターって本当に…あんまり使わない時代になってきましたよね。我が家も年賀状のシーズンの度に、毎年ガシャガシャインクを取り替えたり、メンテナンスしてきました(夫が)。そこで、今年は楽しよう!っていうことで、スマホアプリで年賀状を作成し、印刷してもらいました。なかなかいい体験だったので、記録します。

使用したアプリはこちら。「つむぐ年賀状」さんです。

なぜつむぐ年賀状を選んだのか

年賀状をアプリで作ろうとして、まず3つほどダウンロード、インストールして比較しました。このつむぐ年賀状さんが良かった点は、 まずアプリが丁寧に作られていたこと。3つのうち2つは、去年の使い回し感が全面に出ていたり、そもそもアプリの使い方がよくわからなかったりしました。そういう会社は「アプリにかけるだけのお金がないイコール印刷面でやや心配かも?」と判断しました。

そしてテンプレートもたくさんある点や、作成した年賀状を画像としてカメラロールに保存できるのもとても使い勝手が良かったです。夫に出来上がりを確認してもらう時に、保存した画像をLINEに貼って送れば、すぐに共有できるので修正も楽々でした。

アプリの操作感は?

アプリはいつもスマホを触っている人ならサクサクつくることができる範囲の操作感でした。写真を選んで、並べて、住所を入れて、文面を変えるなら変えて。今回は宛名印刷もお願いしたので、住所録を打ち込むのは大変でした。前年度の年賀状の住所部分をカメラで撮って自動で認識してくれたらな〜。

たくさんテンプレートがあるので、とにかく最初はたくさん試してみました。枠によっては顔などの写真の大事なところが隠れちゃうことがあるので、素敵なのに諦めなくちゃいけなくて悲しかったですねぇ。まぁ、それはしょうがないんですけど。

届いた!

発送通知があった後4日ほどで自宅に届きました。かなり待ったので、郵送事故でもあったのか?と心配になりましたが、このつむぐ年賀状さん、北海道の会社だったようで、東海地方まではやや時間がかかっただけのようです。よかったよかった。これから注文する方はお気をつけ下さいね。東京の会社ではありませんので、日付は余裕を持って注文したほうがよいかもです!

f:id:a10o:20161207110801j:image

 このような内側にぷちぷちのついた封筒に入っていました。

f:id:a10o:20161207110807j:image

 納品書と、実際に届いた年賀状です。今回は宛名面も印刷をお願いしました。

  • ハガキ印刷料金 1,372円
  • ハガキ代 728円
  • 送料 200円
  • 宛名印刷代 140円

という内容で、キャンペーン値引きをした後の合計金額は2,396円でした。

出来栄えは?

印刷面ではほぼ満足です。写真屋さんで印刷したようなしっかり感、つやつや感ではありませんが、自宅プリントの10倍位の綺麗さで、充分な仕上がりです。残念だったのは宛名面で、ややインクが掠れていました。まぁ、許容範囲です。

f:id:a10o:20161207110819j:image

アプリで年賀状をつくろうかな〜と思っている方の参考になれば幸いです♪

 

↓本屋でこういうの見ると…綺麗でついつい買っちゃいますよね〜

おしゃれにはなやぐ 和モダン年賀状 2017年版

おしゃれにはなやぐ 和モダン年賀状 2017年版

 

 

初めてのテレビゲーム遊び

ゲーム 4歳児 子育て話 遊び 言葉

テレビゲーム。今回はいわゆる、プレステ、とか、wiiの類のゲームのお話です。

我が家は夫婦揃ってゲーム好きです。二人とも、親がゲームをするのを小さい時に見て育ち、自分たちも楽しんで遊んでいます。といっても主に遊ぶのは娘が寝た後。娘の目の前てゲームはほとんどしません。たまに、娘が病気で外出できず、お家遊びに限界が来たときにやるくらいです。が、4歳を過ぎ、少しずつ「ひらがな」に興味を持ち始めたのをきっかけに、ある作品を娘に解禁しました。

それが今回の主役「街へいこうよ どうぶつの森」です。

 f:id:a10o:20161125141250j:image

どうぶつの森」って?

どうぶつの森Wikipediaさんによると

どうぶつたちが暮らす村で主人公が自分の家を持ち、村の住人たちと交流したり、自分の部屋を飾りつけたりと、ほのぼのとした生活を楽しむ事ができる。

どうぶつの森シリーズ - Wikipedia

ゆるゆる〜っとした、まったり〜としたゲームです。いわゆる「敵」とか「ライバル」といった概念は存在しませんし、「落ちたらゲームオーバー」とか、「パズルを解かないと進めない」ということもありません。やることといったら自分の家を大きくして家具を集めたり、たぬきに借金を返すために、果物や貝殻、魚や虫を売ってお金にしたり、たまにある村のイベントに参加したり、ですね。

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)

 

どうして「どうぶつの森」?

星の数ほどあるゲームの中でなぜどうぶつの森を選んだか。それにはいろいろな要因がありました。さっきも書いた「ゲームオーバーという概念がない」、「勝ち負けがない」、「操作が易しい」、そして女の子の興味を惹きやすい「可愛いどうぶつ」が出てくるということです。

どうぶつの森を娘に与える前に、一度「マリオギャラクシー」をやらせたことがありました。ストーリーのあるゲームの方ではなく、そのオマケに付いているマリオたちが乗っているという箱庭みたいな船の上で遊ばせていました。けれど、出てくるキャラクターは同じことしか喋らず、更に3歳時には到底操作も難しく、すぐにできないといって不機嫌になりました。もう一つ、マリオパーティもやらせたことがあります。ミニゲームだけなら娘もやることができましたが、勝ち負けがあるのが娘には合いませんでした。

スーパーマリオギャラクシー

スーパーマリオギャラクシー

 

 

マリオパーティ8

マリオパーティ8

 

 

操作感は?

wii版のどうぶつの森は、ヌンチャクと呼ばれるスティックをぐりぐりすることでキャラクターを動かすことができます。最初は木や家に引っかかって動けないと怒っていた娘も、少しずつ操作に慣れ、好きなキャラクターに話しかけられるようになってきました。

ただ、やはり難しい操作はあります。周りに物がたくさんある状態で狙いのものだけ拾うこと。同じように、周囲にキャラがたくさんいる状態でお目当ての子だけに話しかけること。家具を買うときのお金の概念など。でもそれは親が隣に居て、少し手を貸せばクリアできることなので気になりません。

娘の反応は?

狙い通り、か、それ以上のいい反応です。まずひらがなへの興味スイッチが完全にONになりました。キャラクターがなんて言っているかを知りたいっていうのが動機ですね。今までは自分の名前を書いて満足していたのですが、突然他のひらがなも教えてくれって言うようになり、書くようになりました。まだハチャメチャなひらがなですが、「やりたい!ときにやる!」のが、大事ですもんね。暖かく見守ろうと思います。

ゲームにはまりすぎるのでは?とも懸念がありましたが、それは全くの杞憂でした。どうぶつの森は終わりという概念もないですし、セーブポイントという概念もありません。なので、どのタイミングで終わっても大丈夫。30分でちゃんと終わることができます。そしてゲームばっかりやりたがるということもありませんでした。ゲームはゲーム。おりがみはおりがみ。お絵かきはお絵かき。ままごとはままごと。すべて遊びの一環として始まって終われます。なので、はまりすぎるということはありませんでした。

今後は?

とくに今後のゲームは考えていないのですが、また娘の成長にあわせて考えていきたいなーと思います。もうwiiも、wiiUもどんどん過去のものになってきちゃっていますしね…。

 ↓もし今から新しくどうぶつの森をはじめるならこれですかね。

 

ちなみに。

最近私達夫婦がやって面白かったゲームを最後に紹介します。テイルズシリーズの「ベルセリア」です。 

テイルズシリーズがお好きな方なら絶対やっておくべきゲームかな!と。キャラクターも素敵だし、声優さんも豪華です!!最近のRPGってすごいですねぇ。このゲームのためにPS4を購入したんですが、コントローラーから音声が聞こえるし、マップにたくさんヒントが書いてあって 迷わなくて済むし、至れり尽くせりでした。けど、すごい達成感と満足感を味わえます。もうわざわざ私が宣伝するまでもないほどですけど、おすすめです!

【おもちゃ】おすすめです!トランポリン

おもちゃ 子育て話 誕生日 遊び 4歳児

4歳のお誕生日に、私の実家からは娘の念願だったトランポリンを貰いました!ので、設置から3か月経った今、記録してみます。

どうしてトランポリン?

まず娘はかなり活発な子です。歩き始めた赤ちゃんの頃から周りの大人から「元気だねえ」と声をかけられるくらい。我が家の娘が一番仲良しなお友達の家に行ってまず飛び乗るものがトランポリン。そして、もちろん高いところは大好き飛び跳ねるのも大好き。動き回るのが大好き。よって、トランポリンは娘の念願の玩具だったというわけです。

どのトランポリン?

まず近所のスポーツ用品店やおもちゃ屋さんに行ってみたのですが、そもそもトランポリンの展示がなかったり、あったとしても一種類しか展示してなく色もイマイチなことが多かったです。買うためにはカタログを眺めてのお取り寄せ。だったらネットで買っても遜色ないし、玄関まで持ってきてもらえるんだから通販の方がお得じゃんイエーイっていうことで、今回は楽天でポチしました。

item.rakuten.co.jp

こちらです。娘にカラーバリエーション一覧を見せましたが、何度見せてもピンクスターバージョン一択。他のは目に入りません。ええ、そうでしょうとも。まさに今ピンクブームど真ん中ですもんね、聞かなくても分かっていましたよ。

で、どーん!!と、我が家にやってきました。ピンクです。スターです。

f:id:a10o:20160918215256j:image

選んだ決め手は?

今回選んだトランポリン以外もいろいろ探しました。他の候補

キャラクターもの

ハローキティ ぴょんぴょんジャンプ

ハローキティ ぴょんぴょんジャンプ

 

折りたためるもの

item.rakuten.co.jp

等がありました。キャラクターは娘は喜ぶと思うのですが、今回私たちはリビングに設置することもあって却下。できるだけシンプルなリビングにしたかったのです。(キャラクターはダメでピンクスターはいいのかっていう矛盾は置いといて…)そして収納するときに折りたためるものもすごく魅力だったんですが、足で踏んで飛ぶところに白くロゴが印字されているのがぼろぼろと取れてきちゃったらいやだなぁと思って見送りました。どうなんでしょう?取れないもんなのかしら?

そして我が家には折りたためないトランポリンがやってきましたが、箱の中に折りたたまれてやってきました。ということは、この子も折りたためるってことでは…??まだしまったことがないのでわかりませんが…。

設置した後の娘の様子

これは冗談でもなんでもなく、朝起きたら一番にバイバイン飛びます。幼稚園に行く前、帰ってきてから、遊んでいる合間に、リビングでまったりしているときに、など、様々なタイミングで飛んでいます。これには驚きました。最初は子ども部屋に収納、使う時に設置しようと考えていましたが、こんなに使う頻度が高いならリビングに常設でよかったな、と。110キログラムまで耐えられるので、親子で乗るのは問題なし!二人で向き合って手をつないでぴょんぴょんするのが娘は大好きです。あとよく大きな声で幼稚園で習った曲やアイカツ!の曲を歌いながら飛んでいます。

f:id:a10o:20161121114623j:image

設置した後の親サイド

親も、娘がいない時に飛んでます(笑)5分間飛び続けるのだけでもかなり大変なんです。夫は腿あげしながらその場でウォーキングしていますが、筋肉がすぐぷるぷるしてきます。運動不足がちな夫婦にはまさにもってこいです。

いいですよ!トランポリン!

というわけで、トランポリンをただひたすらお薦めするだけの記事になっちゃいましたが、本当に活発なお子さんにはお勧めです。誕生日やクリスマスプレゼントに是非♪(ちなみに、娘は少し喘息予備軍なところがあるので、咳がひどいときには禁止しています)

 

↓手すり付きもあるのか…!