読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみなさい。またあとで…

子育て、暮らしのあれこれ…

【七五三】写真撮影に挑んだ記録

我が娘もとうとうシチゴサンをやる歳になりまして。早めに写真撮影をするとかなりお得になるというチラシを見て、そりゃあお得なら先に撮るか!と撮ってきました。

ちなみに、我が家の七五三計画ですが

  1. 前撮り写真撮影+当日も着付けしてお参り
  2. 当日写真撮影してからそのままお参り
  3. 前撮り写真撮影+当日は少しおしゃれなワンピース

と3パターンあるとしたらこの3番です。やんちゃで、お転婆で、元気いっぱいで、何やらかすかわからない人が着物来てまっすぐ歩けると思えない(涙)そして、写真撮影を終えた今、それが我々にとって正解だったと知りました。

予約

まずチラシをもって写真館に。七五三の写真撮影がお得に撮れるってことなんですが…と言えば、あとはスタッフの方がじゃんじゃん紹介してくれます。私たちは着物もドレスも着せて、そして親子3人の写真を撮りたかったのでそのようにしました。(ドレスは私の実家に、着物は夫の実家に、三人の写真は我が家に飾るため)

ドレスや着物を見せてくれ、仮予約。ドレスは2着予約しました。娘はきらびやかなドレスに舞い上がっていました。

当日

親はスーツ。娘は袖のある半袖の下着を着せてあとはいつも通りの服装で写真館へ。午前10時からの予約でした。ラッキーなことに午前中は私たち以外の予約はなかったため、写真館は貸切!よかった!

しかしここからが大変だった…。

まず着物から写真を撮ろうと思ったが、娘が嫌がる。それも無理もない話だった。今日は「ドレスを着る日」だと思っていたからだ。私たちとスタッフさんで着物の次にドレスだと言っても無駄で、結局ドレスからになることに。

しかしドレスも嫌がる(涙)なぜ(涙)ドレスがごわごわしているのがだめだったのだろうか。一旦予定していた黄色のドレスを着るも、首元のレースがかゆいと言って大変にごねられた。結局水色で首元がシンプルなドレスを着ることになった。

 f:id:a10o:20150723191204j:image

 ↑この黄色のかわゆいドレスから

f:id:a10o:20150719214141j:image

↑水色のドレスに変更

そして髪の毛が少なすぎて可愛い髪留めやカチューシャ、ティアラが頭にとめることができないため、すべてドレスとセットの帽子をかぶって写真撮影した。

着物を着るのを嫌がったので「お雛様と一緒だよ!」作戦をした。娘のお雛様の写真を見せ、お雛様が来ているのと同じだよ~と言う作成。これが結構ヒットして、しぶしぶながらも着てくれた。よかった。ちなみにやはり首元が「せまい」と言って嫌がった。鼻緒の下駄を履かせたことがなかったのでこれもなかなかに大変だった。

写真撮影を終えての感想

写真撮影は想像していたよりも大変だった。私の予想ではかわいいドレスに喜び、メイクにワクワクし、モデルのように澄ましてポーズするだろうと思っていた。が違った。ドレスは嫌がるし、メイクは全拒否、ポーズも突っ立ってるだけでなかなか笑わずむしろ苦笑いしていた。まぁ、「ありの~ままの~むすめ~のすがた~」が撮れたのではないかな、と思う。
そしてあれほど周囲の人から言われた「七五三までには髪も増えるよ~」の言葉。ぜんっぜん、間に合いませんでしたけど!!(笑)ほんと、ドレスに御揃いの帽子があってよかったです。薄毛の娘を持つお母様方、ぜひドレスに帽子があるかご確認を!
あ、そうだ。家からお気に入りのおもちゃを持参すればよかったです。写真館にたくさんおもちゃやぬいぐるみなんかもあると思うんですが、娘はあんまり食いつかなくて。慣れたおもちゃのひとつでもあれば雰囲気も違ったかもなぁ、と思いました。
そして最初にも書きましたが、我が家は前撮り写真で大正解でした。そりゃもう娘の拒否っぷりはすごかったので、当日着物を着て神社なんてもってのほかだったと思います。絶対「着物じゃなくてドレス着ていくー!!」って言うだろうな…。
 
さあ、写真を選ぶのが楽しみです!ちゃんと笑顔で写ってるのかな(笑)

 ↓娘の3歳のプレゼントに叔母からもらえないかな~と狙っているドレス。実物を借りて着せてみたけどなかなかかわいかった…!(親ばか)