読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみなさい。またあとで…

子育て、暮らしのあれこれ…

1歳児との雨の日の過ごし方

今日みたいな雨〜くもり〜雨〜な一日だと、外に遊びにも行けず困りますよね。
娘は公園が大好きで、公園に行けなくとも玄関先でスコップ片手に蟻を観察するのが好きな子なので、日々晴れることを願うばかりの母です。

さて、願っていても雨は降ります。
そんな時は頑張って子ども広場に遊びにいくこともありますが、なんとなく家に閉じこもりがちです。今日もそんな一日でした。
そこで今日は家で出来る遊びをご紹介します。

1.かくれんぼ→いないいないばぁ

様々な隠れ方でかくれんぼ、そこからのいないいないばぁのコンボです。
一番オーソドックスなものはクッション、座布団などで隠れてやるパターン。そこからレースのカーテン、テーブルの下、対面キッチンのカウンター越しなど場所を点々として隠れます。
いないいないばぁも、元気よく言ったり、早口で言ったり、特別低いダミ声で言ったりしてバリエーション豊かにするといいです。

2.ママ滑り台

椅子や低いスツールなどに腰をかけて、子どもを足の付根に座らせます。そこから滑り台の要領で滑らせます。我が家には滑り台のついた子どもジムはありません。滑り台はママの足です!娘よ、短くてごめん!
滑り終わったあとにすぐさま脇を抱えて高い高いをする合わせ技や、ボールやぬいぐるみを滑らせて遊ぶのも好きのようです。

3.くすぐりっこ

これもまた王道ですがくすぐりっこは鉄板ですね。とりあえず顎下、脇、足の付根、足の裏などが笑いのツボのようで、娘が近くによってきた時などはとりあえずスキンシップ!とばかりにくすぐります。
手遊びにもくすぐりの要素があるものはたくさんありますよね。正式なタイトルの分からないのでご紹介のしようがないのですが、有名なのは「一本橋こちょこちょ〜」でしょうか。他にも子どもをきゅうりに見立てて漬物を作る「きゅうりができた」、お医者さんと患者さんの「体の具合はどうですか〜」などは、くすぐられるのを待っているような素振りをします。手遊びサマサマです。

4.食べるごっこ

うちの娘は食いしん坊で、そりゃもうあればあるだけ食べ、無くなれば大泣きするほどの大食漢です。(ぷっちぷちのおデブ気味です…そこが可愛いんですけど)
「くだもの」や「おべんとう」などの美味しそうな絵本は、食べる真似が大好きです。

くだもの (福音館の幼児絵本) おべんとう (幼児絵本シリーズ)

 

(表紙からして美味しそう…)
ですが、同じ絵本だけだと飽きますよね。
そこでおすすめなのが、大人向けの料理の本で食べる真似!です。写真がたくさん掲載されているレシピ本がうちの娘は大好きです。そしてなんといっても、こっちは今晩の献立を考えながら遊べるっていうところも一石二鳥です。
…が、見たいページが出来てじっくりレシピをみようと思っても、早く次のページを食べたい娘とのバトルという副産物も…。

5.お絵かき

そしてこれまた鉄板のお絵かきです。
が、我が家ではほとんど鉛筆やボールペンなどを娘に与えることはありません。賃貸なので、壁などに書かれるのが怖くて…
で、そんなときママ友宅で遊ばせてもらった水でお絵かきが出来るセットがあることを知り、我が家も導入しました。

スイスイおえかき 赤

 

ペンの中に水道水を入れると、専用のマットにお絵かきができるものです。
我が家では上の写真の2倍の大きさのマットの商品をアマゾンでポチしました。大きいほうが思い切り描けるかな?と思いまして。けれど、結構場所を取るし、我が家は第二子もいないので小さいサイズのものでもよかったかもしれません。
また、普段触らせていない鉛筆やボールペン、色鉛筆などを雨の日限定で出してあげます。水のお絵かきでは書いたそばから消えていきますが、これは残ります。今はぐじゃぐじゃ、ぐるぐる、しか描けませんが、そのうち意思疎通が図れるようになったらもっともっとお絵かきが楽しくなるんだろうなあと楽しみです。

6.積み木をひたすら積む

まだ1歳児なので積み木をまっすぐ丁寧には積めません。が、積むのは大好きですし、壊すのもだーいすき!ですよね。
我が家には高級積み木のカプラ様があります。(娘の1歳の誕生日に強請りました)これをひたすら積みます。
大事なのは、このカプラが雨の日限定おもちゃであること!です。普段から遊べるおもちゃではダメです。特別感を演出しましょう。
積み木は積んだそばから壊されると思いますので、壊すのが速いか積むのが速いかの競争です。カプラだと縦に積んだり横に積んだりスパイラルに積んだりができるので、普通の積み木だと親のほうが先に飽きますが、カプラはむしろ親がハマります。

子どもの背を越すまで積む、芸術的に積む、スカイツリーの形に似せて積む、子どもには壊せないように頑丈に組み立てるなど様々な積み方で遊びます。
そのうちに娘が壊す係ではなく、共に積む係になる日がくるのが楽しみです。

 

どうでしたでしょうか。もしやったことのない遊び方があったらぜひ取り入れてもらえたら嬉しいです。